読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小森とルリビタキ

吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血というものは十二指腸よりも上部にある消化管から出血する症状を指します。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があるので大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、肌に悪影響を与えます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が要因で起こる発疹で、皮脂分泌が乱れる誘因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの不足等が考えられます。
世間では水虫といえばまず足を連想し、こと足の裏にみられる皮膚病だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらず、全身いたる所にかかってしまう危険性があります。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が無くなった後に市場に出回る、新薬と変わらない成分で経済的な自己負担を下げられる(薬の代金の安価な)後発医薬品です。
アクアの高価買取はコチラ!高額売却、処分なら一括査定!
内臓脂肪過多による肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目か3項目全てに相当する状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けました。
現在の手術室には、レストルームや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を置くか、近距離にX線装置のための専門室を作るのが慣例となっている。
ハーバード大学医学校の研究によると、毎日2杯以上ノンカフェインコーヒーに変えることで、あの直腸がんの発症リスクを約半分も減少させることができたそうだ。
インキンタムシ(陰金田虫)は比較的若い男の人症例が多く、基本的には股間の辺りだけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など体が熱くなった時に強い痒みを誘引します。
欧米においては、新薬の特許が満了してから約1ヶ月後、製薬市場の8割がジェネリックに替わるような医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品後発医薬品)は地球上で知られているのです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間にあって緩衝材みたいな役目を果たしている椎間板という名前のやわらかい円形の組織が飛び出た症例を称しています。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、脳梗塞というような様々な健康障害を誘引する恐れがあるのです。
耳鳴りには種類があり、本人しか感じないような「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを使用したりすると聞けると言われている「他覚的耳鳴り」があるそうです。
暗い場所では光量が足りなくてものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに多くの力が使われてしまい、結果的に明るい所でモノを眺めるよりも疲労が大きいと言えます。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特殊な酵素や、細胞や組織の代謝機能に欠かせない酵素など、200種類以上もある酵素の構築要素となるミネラルなのです。