ぴかしゃと悠一

強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間にあって緩衝材的な役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい線維軟骨がはみ出た症例を指しています。
アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、不快な二日酔いに極めて効果的です。苦しい二日酔いの元凶物質とみられているエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも作用します。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても起こることがあるため珍しい病ではないのですが、同じような発作が続いて発生するケースは楽観視できません。
学校や幼稚園など大規模な団体生活をする中で、花粉症の症状が主因で友達と同様に外で明るく身体を動かせないのは、子どもにとって辛い事でしょう。
最も大きな臓器である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化狭心症を始めとした多種多様な合併症をもたらす恐れがあるのです。
塩分や脂肪分の摂り過ぎはやめて無理しない程度の運動に尽力し、ストレスのかかり過ぎない暮らしを心がけることが狭心症の誘因となる動脈硬化を未然に防ぐコツなのです。
汗疱というのは主に掌や足の裏、または指と指の間などに細かな水疱ができる病気で、普通は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出現すると足水虫と早とちりされることも多くあります。
もう永久歯の周りの骨を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、たとえ症状そのものが落ち着いたとしても、エナメル質が元通りに戻るようなことはないでしょう。
トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ働きが一段と認識されていると思いますが、他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが確認されています。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と称し、白癬菌というカビの一種が股部、陰嚢、尻などの場所に何らかの理由で感染し、寄生してしまう病気で水虫です。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もしなくても消費してしまう熱量のことであり、半分以上を身体中の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳で占めると考えられています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在する血糖値を左右するβ細胞が壊れてしまったため、結果的に膵臓からほぼインスリンが出なくなり発症するという種類の糖尿病なのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭まって、血液の流れが途絶えて、酸素や様々な栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞が死ぬという大変怖い病気です。
債務整理 借金返済 越谷市
国民病ともいわれる花粉症とは、森の杉やヒノキ、ブタクサなどの木や草の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を生ずる病気だと広く知られています。
体脂肪率」というものは、体内における脂肪が占める重さで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(キロ)×100」という式によって表すことができます。